札幌 男の離婚/面接交渉(面会交渉)

  無料メール相談
>札幌 男の離婚相談室 ホーム>面接交渉を拒否されたら


面接交渉を拒否された場合

面接交渉権とは、離婚後、親権者または監護者とならなかった親が、子どもと面接交渉(会ったり、手紙のやり取りをしたりすること)する権利のことを言います。
この権利は、親として有する当然の権利として裁判上も認められています。

離婚後に親権者・監護者にならなかった場合はもちろん、離婚前の別居期間中の
親にも面接交渉を求める権利は認められています。

しかし、現実には妻が子どもを引き取った後、子どもとの面接を拒絶するというケースはよく見られます。このように、子どもに会いたいのに会わせてもらえない時には、家庭裁判所に「子の監護に関する調停申立書」を提出し、面接交渉を求める調停を行うことになります。

しかし、注意が必要なのは、あくまで最優先されるべきことは、子の福祉です。
面接をすることが逆に子どもにとってストレスとなってしまうような状況であれば
無理な面接を行うべきではありません。

また、下記のような場合には面接交渉は認められません。

●子や監護者に暴力をふるう
●面接交渉の場を利用して、子どもを奪おうとする
●著しい不行跡
  過度の飲酒、薬物の乱用、性的不品行 など


離婚問題に関する メール相談

>男の離婚相談室 面接交渉を拒否されたら ページトップ

                  
     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能