無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>性格の不一致4


離婚判例 性格の不一致 4 


● 夫婦らしい生活の実態がないこと等を理由とした離婚請求が認めら
  れた事案

妻からの離婚請求に対し、双方の精神的不調和、性格の不適合をきたし婚
姻が破綻したとして、夫から出された有責配偶者の離婚請求拒否の抗弁を
排斥して、請求を容認した。

● 第一審判断の要旨
  (横浜地判昭和59年7月30日判時1141-114、判タ541-230)

X:妻(原告)   Y:夫(被告)
X・Yの婚姻関係は、6年数ヶ月にわたる別居、Xの強い離婚意思により、
すでにその実態を失い、破綻して回復し難い状況にあるとみるべきである。
 X・Yの婚姻生活は昭和52年1月頃までは格別の問題もなく推移していた
のが、同年2月頃から不自然な状態になったのであり、これについては各人
の行動に取りたてて非難されるべきものが原因としてあったわけではなく、
つまるところX・Y間の精神的不協和がその重要な原因をなしているものと
認められるのである。
 認定の事実によれば、それは、XのYに対する絶望感ないし愛情喪失にあ
ること。さらにその由来するところは、夫婦ないし結婚生活に対する双方の
考え方の懸隔(性格の不適合)というべきものであり、これを克服して感情
の交流をはかりうる相互理解がついに得られなかったこと,Xの活発な気性に
対して、Yのそれはまじめではあるが、やや柔軟さを欠き、感受性の強いXに
対して度量のある対応をとりえなかったこと、Y指摘のXの各行動はYに対す
る加害者意思に基づくものではなく、むしろYに対する感情に根ざした逃避的
意思に基づくものであったことが認められるのである。
 このようにみてくると、婚姻破綻の責任がもっぱらあるいは主としてXにあ
るとするのは相当ではなく、XをしてY指摘の行動をとらせるに至ったYの生活
観ないし生活態度もその重要な要因として考慮しなければならない。
 したがってXが有責配偶者であるとするYの主張は失当であって、これを採
用することができない。




>性格の不一致4 ページトップ
                  
 

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能