無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>宗教活動3


離婚判例 宗教活動3 


● 宗教活動が破綻原因とされ、離婚請求が認められた事案②

妻が婚姻後「エホバの証人」に入信し、仏事等の先祖への祭祀を行わなくな
ったことから、夫婦間で深刻な対立が生じたが、妻は宗教活動を控える意思
がなく、別居が長期に及んだため、夫が、婚姻関係が破綻しているとして、
離婚を求めた事案。

● 控訴審判断の要旨(大阪高判平成2年12月14日判時1384-55)

    ・昭和47年11月   結婚
    ・昭和48年8月    長男出生
    ・昭和50年5月    二男出生
    ・昭和55年頃     妻エホバの証人の信仰を始める  
    ・昭和57年10月   別居
    ・昭和59年6月    妻 洗礼を受ける

妻が夫との関係を円満にするために宗教活動を自粛しようとの気持ちはまった
くないこと、仮に同居を再開しても、妻が行っている宗教活動の状況からすれ
ば、日常の家事や子どもの養育に相当支障が生じることは必至であり、これを
夫が容認することは全く期待できないこと、夫の離婚の意思が固いこと、別居
期間がすでに8年にも及んでおり現実に夫婦関係が円満に回復する見込みがまっ
たくないことが明らかであり、婚姻関係はすでに完全に破綻しているものと認め
るのが相当である。





>宗教活動3 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能