無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>宗教活動2


離婚判例 宗教活動2 


● 宗教活動が破綻原因とされ、離婚請求が認められた事案①

妻が婚姻後「エホバの証人」に入信し、集会の参加、伝道活動等熱心な宗教
活動を行い、他方、わが国の習俗である仏式の葬儀や法事、節句などの行事
に参加することを拒み、子どもにも「エホバの証人」の教義を教え行事に参
加させたため、このような妻の行動に強い不満を感じた夫が妻に信仰をやめ
るよう説得したが、妻は全く聞き入れず、次第に夫婦関係もなくなり、食事
を共にすることもなくなって、夫婦関係破綻に至った事案。

● 第一審判断の要旨(名古屋地判昭和63年4月18日判タ682-212)

   X:夫(原告)   Y:妻(被告)
   ・昭和52年3月   結婚
   ・昭和53年6月   長男出生
   ・昭和58年7月   二男出生

国民はすべて信教の自由を有し、このことは夫婦間においても同様であるが、
夫婦として共同生活を営む以上、その協力扶助義務との関係から、宗教的行為
に一定の限度があるのは当然のことと考えられる。
 Yの宗教活動により、明確にYの家事行為に支障が生じていることが認められ
ないとしても、きわめて多くの時間を集会への出席、伝道活動に費やしており、
通常の信教の自由の範囲を超えているというべきであり、次に、子どもの養育
は父母が共同して行うべきところ、Xの意思に反して、まだ幼く判断能力の十分
でない子どもらに「エホバの証人」の教義を教えることを正しいと信じてこれを
実行したことは不適切であり、さらに、鯉のぼりをあげるなどの習俗や仏式によ
る葬儀、法事等の崇拝行為、服装も社会交際上の慣例の範囲であり、本質的に信
教の自由の保障に反するとまではいうことはできない。したがって、Yの行為は、婚姻関係における扶助協力義務の限度を超えて宗教的行為をなしている。
 この様なYの宗教活動により、Yと離婚することを決意するに至ったことはやむ
を得ない事で、かかる対立から夫婦関係がなくなり、Xも家でほとんど食事をし
ない等の状態が続いていることからすると、X・Y間の婚姻関係が破綻していると認めることが相当である。

>宗教活動2 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能