無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>心理的虐待4


離婚判例 心理的虐待4 


●心理的虐待を受けた側の事情を考慮して、別居直後での婚姻関係破綻を
 認定し離婚請求が認められた事案

夫が飲酒時に妻やその家族を大声で罵倒するなどし、そのために穏和でお
となしい妻がストレスをため、精神的、肉体的に疲れ果て別居するに至っ
た事案において、遅くとも妻が離婚調停を申し立てた時点において婚姻関
係が破綻していたとして 離婚請求を認容したものの、その慰謝料請求は認
めなかった事案。


●第一審判断の要旨(東京地判平成16年11月2日)
   X:妻(原告)   Y:夫(被告)   A:長女
   ・平成8年9月   婚姻
   ・平成13年1月  長女A出生
   ・平成15年6月  別居

Yは酔いが回ると、Xをなじる粗野な言葉を大声で吐いたり、Xの家族につ
いて乱暴な悪口を言うようになった。Yは、酒を飲んでいない時にはXをな
じることは無かったが、酔いが深まると近所に聞こえる様な声でXを罵倒す
ることも一度ならずあった。Xは、穏和でおとなしい性格であることもあっ
て、Yに対し面と向かって反論したりすることができず、次第に心の中にス
トレスがたまっていった。
 Xは、Yの母親や義姉とは円滑な家族関係を築いていたが、嫁としての気
兼ねや、Yの意向もあり、Xの実家とはほとんど連絡を取っていなかったこ
ともあって、ストレスの解消が図られなかった。YはこのようなXの変化に
気付かなかったうえ、平成15年6月頃には、父の入院もあって仕事が非常
に忙しくなり苛立ちが強くなり、同月22日、長女Aの入浴をめぐって、激
しくXをなじる言葉を浴びせた。Xは、Yの酔いに任せた粗野な言動、育児の
疲れ等から、精神的、肉体的に疲れ果て、Yとの結婚生活に限界を感じ、同
月24日、Aを連れて実家に身を寄せた。Xは同日夜、迎えに来たYの言に応
じず実家にとどまり、同年7月7日に離婚調停を申立て、現在もYと別居して
おり、離婚の決意に変わりはない。
 以上によれば、XとYとの婚姻関係は、円満な関係に回復することは著しく
困難であり、遅くともXが離婚調停を申し立てたときには、破綻したものと認
められる。したがって、Xの離婚請求には理由がある。



>心理的虐待4 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能