無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>強度の精神病5


離婚判例 強度の精神病5 


● 統合失調症(精神分裂病)が原因となった離婚請求が認められた事案

統合失調症(精神分裂病)と診断された妻に対する夫からの離婚請求につ
いて、精神病が強度で回復の見込みがないとは認められないから、民法77
0条1項4号に基づく離婚請求は認められないとしながら、離婚を継続し難
い重大な事由があるとして、民法770条1項5号に基づく離婚請求が認容さ
れた。

● 控訴審判断の要旨(東京高判昭和57年8月31日判時1056-179)

A=夫(原告・控訴人) B=妻(被告・被控訴人)
結婚前からの現在に至るまでのBの精神病院での入院歴、Bのたび重なる暴言
・暴力等を認定した一方で、昭和43年に入院した時の病名は統合失調症であ
り、幻覚、幻聴、被害妄想があった。現在では軽快しているものの完全には治
っておらず、現実離れの傾向があり、現実の夫、娘にあまり関心がなく、かす
かに人格の崩壊が見られるが、意思能力を欠くほどではない。
 Bは統合失調症であるが、それが強度であり、かつ、回復の見込みがないと
は認められないから、民法770条1項4号に該当する事を理由とするAの離婚請
求は理由がない。
 しかしながら、A・Bの婚姻は遅くとも昭和44年10月頃には破綻するに至っ
たものというべく、その主たる原因は、Bの粗暴で家庭的でない言動にあるも
のと認められ、また、Bの発病した主たる原因は、Bの御姫様のような未熟な
性格および炊事、掃除、洗濯等をすることなく、何かにつけてよしよしとして
甘やかされ気ままに育てられてきた享楽的な家庭環境から一転してわがままの
きかない通常の結婚生活に入ったことにあるものと認めるのが相当である。A
に対しBにその母親同様の寛大さをもって接することを求めることは難きを強
いるものであって、AがBに人並みの主婦としての素養を身につけ、人付き合い
をし、家事を全うしてくれるように頼んだとしても、夫として当然の頼みであ
ったといわなければならない。
 また、Aが離婚を希望してその意思を表明したことが、すでに発病していた
Bによくない影響を与えたとしても、Aにそのような意思を起こさせた原因はB
にあって、やむをえない。
 そうすると、民法770条1項5号所定の婚姻を継続し難い重大な事由があるこ
とを理由とする控訴人の離婚請求は、正当として認容すべきである。





>強度の精神病5  ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能