無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>強度の精神病4


離婚判例 強度の精神病4 


●統合失調症(精神分裂病)が原因となった離婚請求が棄却された事案①

統合失調症(精神分裂病)に罹患した妻に対する夫からの離婚請求につい
て、民法770条1項4号の離婚原因の存在を肯定したものの、妻の病気の再
発には夫にかなりの原因があること、具体的方策も十分講じられていない
などを理由に婚姻を継続させるのが相当であるとして、民法770条2項を適
用し、離婚請求を棄却した。

●第一審判断の要旨(東京地判昭和54年10月26日家月32巻5号64頁)

妻(被告)は「強度の精神病」に罹患しており、「回復の見込みがない」も
のと認められ、夫(原告)の請求は、民法770条1項4号に該当するものであ
る。
 しかしながら、婚姻後夫は本来家事処理の得意でない妻に対し自身の妻と
しての理想像を求め、妻の非を責めるにのみ急で、夫として妻をいたわり包
摂する寛大さに欠け、育児と家事に披露している妻に対しいたずらに厳しく
接しすぎたことが前記病気(統合失調症)の再発にかなりな程度関与してい
るものと認められること、夫は妻の療養・治療については昭和50年以前はも
っぱら妻の実家にまかせきりにし、妻の治療に腐心するというよりは、むし
ろ性急に妻との離婚を求める態度が認められること、夫が妻の扶養につき相
応の援助をするだけの余裕が十分あるものと認められるのに対し、妻の父は
高齢で経済的に余裕もなく、長期間妻を扶養するについては、かなりの不安
が認められるみもかかわらず、夫は本訴において妻の不要につき応分の負担
をすることすら拒否している事情の下においては、夫が妻と離婚をするとし
ても、妻の将来につき具体的方途は必ずしも十分講じられていないものとい
わざるをえず、叙上諸般の事情を総合勘案すると、夫と妻との婚姻を継続さ
せるのが相当であると認められるから、民法770条2項を適用して夫の本訴離
婚の請求を棄却することにする。




>強度の精神病4  ページトップ
                  
     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能