無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>強度の精神病3


離婚判例 強度の精神病 3



●痴呆化した精神状態が原因となった離婚請求が認められた事案

てんかん発作を繰り返した結果、脳組織が損傷して認知症となった妻
に対する夫からの離婚請求について、妻の精神状態は、夫婦の同居協
力扶助義務を果たすことが全くできない程度に痴呆化しており、改善
の見込みがないことを理由に、民法770条1項4号に基づく離婚請求を
認容した。

●控訴審判断の要旨[東京高判昭和58年1月18日家月36巻4号73頁]

妻の精神疾状は基底に精神薄弱があり、反復するてんかん発作のため
脳組織が損傷され、脳実質が広範に委縮した器質的障害によって結果
した痴呆化である。そして、今後さらにてんかん発作を引き起こせば
痴呆化がより進行することが予想され、現在の精神状態が改善される
見込みはない。
 夫は、離婚しても妻が生活保護を受けて療養できるよう、福祉事務
所に申し出て生活扶助措置を講ずることへの了解を得るとともに、入
院中の病院からは生活保護に基づく医療扶助が決定された場合に担当
機関の指定を受けることの内諾を得ており、また、夫は離婚後もでき
るだけ妻に面会に行き、子どもらに会いたいと言えば面接させ、妻を
精神的に援護すると誠意を示している。
 右認定の事実によれば、妻の精神状態は、夫婦の同居協力扶助義務
を果たすことが全くできない程度に痴呆化していて、それがさらに進
行する可能性はあっても、改善の見込みがないから、離婚原因として
の「強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき」に当たると解す
るのが相当であり、妻の病状にかかわらず、夫と妻の婚姻の継続を相
当を認める場合には当たらないというべきである。




>強度の精神病3 ページトップ
                  
     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能