無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>強度の精神病2


離婚判例 強度の精神病 2 


●アルツハイマー病が原因となった離婚請求が認められた事案

アルツハイマー病に罹患して、寝たきりで会話もできない状態となり、
禁治産宣告を受けた妻に対する夫からの離婚請求について、病気の性質
等に照らせば、強度の精神病(民法770条1項4号)に該当するか否か
疑問が残るとして、同号に基づく離婚請求については認容しなかったも
のの、婚姻関係の破綻を認め民法770条1項5号(婚姻を継続し難い重大
な事由)に基づく離婚請求を認容した。

●第一審判断の要旨[長野地判平成2年9月17日家月43巻6号34頁]

夫(原告)・妻(被告)間の婚姻関係は、妻がアルツハイマー病に(同
時にパーキンソン病にも)罹患し、長期間にわたり夫婦間の協力義務を
全く果たせないでいることなどによって破綻していることが明らかであ
り、夫が離婚後も妻への若干の経済的援助および面会などを予定してい
ること、妻の両親はすでに他界し、親族の異父兄とはほとんど交流がな
いこと、妻は現在老人ホームに入所しているところ、離婚後の老人ホー
ム費用は全額公費負担になる予定であることを併せて考慮すれば、夫の
民法770条1項5号に基づく離婚請求はこれを認容するのが相当である。
なお、妻の罹患している病気の性質、及び妻に対する精神鑑定が禁治産宣
告申立事件のためにさなれたものであることなどの理由により、本件の場
合が民法770条1項4号に該当するか否かについては疑問が残るので、同号
による離婚請求は認容し難い。




>強度の精神病2 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能