無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>性生活4


離婚判例 性生活4 


● ポルノ雑誌にばかり興味を示し夫婦生活に応じない夫の行為が、婚姻を
  継続し難い重大な事由に該当するとし、妻からの離婚請求が認められた
  事案

夫は、昭和54年頃からいわゆるビニ本(ポルノ雑誌)に異常な関心を示しは
じめ、ビニ本を買いあさっては一人で部屋に閉じこもり、ビニ本を見ながら自
慰行為に耽り、妻との性交渉を拒否するようになった。また、夫は、性生活以
外の面でも異常な性癖を有しており、他人のものを盗んだり、落ちているガム
を拾って子どもに与えたりしたことから、これらの事由が婚姻を継続し難い重
大な事由に該当し、離婚請求を認めた事案。


●第一審判断の要旨(浦和地判昭和60年9月10日判タ614-104)

    X:妻(原告)   Y:夫(被告)
    ・昭和52年3月   結婚
    ・昭和53年12月  長男出生
    ・昭和54年頃   性生活がほとんどなくなる
    ・昭和56年1月   二男出生
    ・昭和58年3月   別居

事案の要約記載の事実によれば、XにはYとの婚姻を継続し難い重大な事由が
あるものというべきであるから、Xの離婚請求は正当というべきである。
 X・Y間の婚姻が、もっぱらYの責めに帰すべき事由によって破綻したもの
であるのは前記の通りであるから、YはXに対し慰謝料を支払うべき義務があ
るものというべきところ、諸般の事情を考慮すれば、その額は請求通り500
万円が相当というべきである。



>性生活4 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能