無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>性生活2


離婚判例 性生活2 


● 性交渉の態様が婚姻を継続し難い重大な事由に該当するとし、妻からの
  離婚請求が認められた事案

性交に際し、必ず靴をはくことを強要され、また、過度にわたる性交渉を求
められた妻が、かかる夫の要求に対し、はなはだしい嫌悪感や、深刻な苦痛
を感じていたことから夫に離婚を求め、当該請求が認められた事案

● 第一審判断の要旨(大阪地判昭和35年6月23日判時237号27頁)

  X:妻(原告)   Y:夫(被告)
  ・昭和32年11月     婚姻(Yの家族と同居)
  ・      12月末頃  夫婦だけでの生活を開始
  ・昭和33年1月      別居

Yの性生活における諸行動、ことに性交につき布団の上でXに靴をはかせる行
為は、正常な性行為の範囲に属するものということはできない。そして異常
な性交方法であっても、それが相手方の完全な諒解の下に行われる場合は、当
事者間においてその実施、継続が問題視されるべき筋合いはないが、相手方た
るXが、かかる性交方法を極度に忌避嫌悪しているにもかかわらず、Yが相手
方の意思を全く無視し、もっぱら自己の欲望満足のためにその行為を反覆強行
し、その結果Xをして離婚のほかにその被害を回避するべき方法がないものと
決意させるに至ったとすれば、X・Y間に将来的に円満な結婚生活を期待するこ
とは、不可能であると言わざるを得ない。
 性生活について夫婦間にまったく絶望的な不調和が存在する以上、その結婚
生活は完全に破綻をきたしており、民法770条1項5号所定の離婚事由が存在す
る。



>性生活2 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能