無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>性生活1


離婚判例 性生活1 



● 性交不能が婚姻を継続し難い重大な事由に該当するとし、離婚請求が
  認められた事案

妻は、夫が病気のため睾丸剔出したため、生殖能力はないが、性交渉には
大して影響はないと、右切除にあたった医師から聞いて婚姻したが、性交
渉に際し、夫は、性交を試みるも性交を遂げることができず、焦燥のため
顔面蒼白になって、ただ妻の身体の一部を撫でまわすということが繰り返
され、その状況は改善されなかったため、妻が離婚を申し入れた事案にお
いて、離婚請求が認められた事案。

●上告審判断の要旨(最判昭和37年2月6日民集16巻2号206頁)

   X:妻(原告・控訴人・被上告人)Y:夫(被告・被控訴人・上告人)
   ・昭和28年8月   睾丸剔出
   ・     11月   事実上の婚姻
   ・     12月   婚姻届提出
   ・昭和30年5月頃 別居

Xが、睾丸を切除しても、生殖能力はないが、夫婦生活に大して影響はない
との、右切除にあたった医師の言を信じて結婚したものであること、さらに
控訴審認定の性生活を除く夫婦生活の状況等からうかがわれる本件当事者双
方の諸事情を加え、夫婦の性生活が婚姻の基本となるべき重要事項である点
を考えれば、XがYとの性生活を嫌悪し離婚を決意するに至ったことは必ずし
も無理からぬところと認められるのであって、控訴審が判示する性生活に関
する事実をもって民法770条1項5号の事由に当たるとした判断はこれを是認
することができる。


>性生活1 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能