無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>性格の不一致2


離婚判例 性格の不一致 2  


● 性格的欠陥があることを理由とした離婚請求が棄却された事案

妻の性格に重大な欠陥があることを理由としてなされた夫からの離婚請求
に対し、双方の婚姻関係の破綻は、夫の独善的かつ独断的行為に起因する
ものが多大であることがうかがえないわけではないが、将来円満な婚姻関
係を回復することが期待できないものでもないとして、離婚を認容した控
訴審の判決を棄却差し戻した。

● 上告審判断の要旨
  (最高裁判昭和38年6月7日家月15巻8号55頁・判時338号3頁・
   判タ115-102)

X:夫(原告・控訴人・被上告人)  Y:(被告・被控訴人・上告人)

婚姻関係が破綻した場合においても、その破綻につきもっぱらまたは主と
して原因を与えた当事者は、自ら離婚の請求をなしえないものと解するの
を相当とするところ、原判示事実関係によれば、双方の婚姻関係の破綻は、
Xの独善的かつ独断的行為に起因するものが多大であることがうかがえな
いわけではなく、しかも、双方がさらに反省と努力を重ねるならば、双方
の子どもたちを中心とする周囲の者の協力、援助のいかんによっては、必
ずしも将来円満な婚姻関係を回復することが期待できないわけでもないこ
とが推認できる。


>性格の不一致2 ページトップ





                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能