>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>浪費・その他5


離婚判例 浪費・その他5 


● 家庭内の問題について夫が援助しないことなどを理由とした、妻からの
  離婚請求が認められた事案

2度の別居を挟みながらも、経済面および心理面における妻の献身的な後見
により婚姻関係が継続されてきたが、夫が家庭内の問題について妻を援助せ
ず、かつ夫の暴言・暴力による妻の精神的負担が重くなり、別居期間が4年を
超えた現在では、もはや婚姻関係は回復の見込みがないほどに破綻している
として、離婚請求が認められた。

     X:妻(原告)   Y:夫(被告)
     ・平成7年1月    婚姻
     ・平成9年7月    Y、勤務先を退職
     ・平成17年2月   夫婦で診療内科を受診
               (Xは適応障害、Yはうつ病)
     ・平成18年12月  Xが家を出て、以後別居

● 第一審判断の要旨(東京家判平成23年4月26日)

XとYとの婚姻関係は、Yが十分な勤労意欲を有さず、また、家庭内の問題につ
いてXを援助したり、真摯に話し合ったりする姿勢を示さなかったことなどか
ら次第に形骸化し、それと同時に、Yによる暴言・暴力が始まりそれが激しく
なっていったことなどから、Xの精神的な負担がいっそう重くなり、Xは離婚を
意識するようになった。
 その後、Yの母が死亡したことを契機としてXは離婚を決意し、完全な別居状
態が継続するようになるとともに、Xにおいてますます離婚を望むようになった
。別居期間が4年を超え、XとYとの婚姻関係は、もはや回復の見込みがないほ
どに破綻しているので、Xの離婚請求には理由がある。





>浪費・その他5 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能
 



無料メール相談