>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>浪費・その他4


離婚判例 浪費・その他4 


● 夫の多額な借金等を理由にした離婚請求が棄却された事案

夫が多額の借金を抱え、これに不満をもつ妻が離婚を求めたが、借金の
理由なども考慮して、離婚請求が棄却された。
    X:妻(原告)   Y:夫(被告)
    ・昭和50年12月    挙式(結婚当初Yの借金総額600万円)
    ・昭和51年5月     婚姻届提出
          10月     長男出生
    ・昭和53年2月     二男出生
    ・昭和57年10月    Y、Y母に保証人となってもらい、200
                万円を金融機関から借入
    ・昭和58年9月     X、取り立ての電話や電報により、Yが
                サラ金から借金をしていることを知る
    ・昭和59年1月     Y、サラ金への支払いのため、1ヶ月分の
                生活費として3万円しか渡せなくなる
          2月    X、離婚したい旨を告げ、子らを連れて
                実家へ帰る
          3月     X、離婚調停申立て
          4月     Y、自宅土地建物を担保としてサラ金か
                 ら800万円を借りて他の債務を返済し、
                 債務を一本化
          5月     X、離婚訴訟を提起

● 第一審判断の要旨(仙台地判昭和60年12月19日判タ595-77)

XとYの関係は、借金の問題以外には婚姻生活を継続していくうえで、特に支障
となるような事情はまったく認められないこと、また、借金の問題にしても、
確かにY一人の収入で月々10万円を超える借金の返済をしていくことはかなり
困難と考えられるものの、Xも編物関係の仕事をするなり、あるいはパートタ
イマーとして勤務するなりして、いわゆる共働きをし、その収入を家計に入れ
るようにしさえすれば借金の返済も生計の維持も楽になるものと考えられるこ
と(夫が困っているときに妻が助け、夫の収入少なければその不足分を補うた
め妻も働いて収入を得るというようなことは広く世間一般の夫婦の間では当然
のこととして行われているものであり、それは公知の事実である)、またその
借金自体もそれが生じた原因はY弟の大学進学やXとYとの結婚等であったとい
うのであるから、Yにとってはやむをえなかったとも言え、その点につきYを責
めることはできないこと、以上の諸点を総合考慮してみると、本件においては
民法770条1項5号の婚姻を継続し難い重大な事由があるとはとうてい認められ
ないものである。 



>浪費・その他4 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能
 



無料メール相談