無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>浪費・その他2


離婚判例 浪費・その他2 


● 定職に就かず賭け麻雀に耽る夫に対する離婚請求が認められた事案

定職に就かず賭け麻雀に耽る夫と別居し、別居後、他の男性と交際を続
けている妻からの離婚請求が認容された事案

   X:夫(被告・控訴人)  Y:妻(原告・被控訴人)
   ・昭和48年    同棲を経て結婚
            X、麻雀屋を開業するが、1年足らずで閉店。その後
            も定職に就かず、生活の資を得る手段として、ほぼ
            毎夜、賭け麻雀に出かける
   ・昭和50年9月  Y、2児を連れて別居開始
   ・昭和52年4月  Y、離婚訴訟を提起
   ・昭和52年11月  Y、訴外Zと夫婦同然の生活をするようになる

● 控訴審判断の要旨(東京高判昭和54年3月27日判タ384-155)

Yに収入の途があるのを頼りに遊堕な生活に流れ、その後も賭け麻雀により生活
の資を得るという異常な生活態勢を一日も早く脱して定職に就こうとする態度
を取らないまま推移したXに対するYの絶望感は極めて強く、遅くとも離婚調停
が不成立に終わった昭和52年3月頃の時点で、その決意はとうてい動かし難いも
のとなっていた。
 別居に踏み切ったYの行動やその後の対応の仕方が、はたして至当なものであ
ったといえるか否かは別としても、少なくとも、その態度をもって一方的に婚姻
の本義に背き勝手にわがままを押し通そうとしたものとして強く非難するわけに
はいかない。Xに対するYの愛情の喪失と不信感は決定的で、Xの希望であるにも
かかわらず、その回復はとうてい期待し難く、両者間の婚姻はもはや客観的に破
綻に帰しているものというほかはなく、婚姻を継続し難い重大な事由がある。
 Yと訴外Zとの関係は、XとYとの間の破綻が決定的となった時期よりも後のこ
とに属し、これを取り上げて婚人破綻の責任をYに負わせることはできないとし
て、Yの離婚請求を認容した。

>浪費・その他2 ページトップ


                  
     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能