無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>浪費・その他1


離婚判例 浪費・その他1 


● 妻の浪費を理由とした夫からの離婚請求が認められた事案

   X:夫(原告)   Y:妻(被告)
   ・昭和33年12月   婚姻
   ・昭和35年4月    長男出生
              Y、Xに秘して知人から借金
              Y、XやXの両親名義でテレビ等を月賦購入して
              はすぐに売却し、売却した金員を消費する。
   ・昭和37年     X、離婚訴訟を提起

● 第一審判断の要旨(東京地判昭和39年10月7日判時402-59)

Xは公務員で、必ずしもその収入は高給とは認め難いが、Yのその性格が派手
なため支出が多く、家計費の不足をきたし、Xに秘して入質、借財を重ね、無
断でX名義の約束手形を振り出し、ついには代金支払いの目算のたたぬままに
月賦販売制度を利用して、頭金の支払いのみでテレビ等を購入しては売却処分
等をなし、しかも、月賦購入について無断でX父の名義を使用するに至り、そ
の後Xとの話し合いの上、再出発した生活においても以前同様の生活態度を継
続していたのであるから、これはXにとり婚姻を継続し難い重大な事由がある
と認めるのが相当である。
 XはYの訴える生活費不足の問題について、必ずしも徹底的解決策を検討する
熱意を欠いていたが、YはXの原因検討の申し入れに対して素直に協力せず、X
の低収入を難ずることに急であったこと、当時、XはYの借財額を知らなかった
ので、Yの月賦購入、知人からの借り入れの原因としてXの不協力を責めること
はできないとして、Xの離婚請求を認容した。






>浪費・その他1 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能