無料メール相談
>札幌 離婚公正証書作成相談ドットコム トップページ>離婚判例>不貞行為3


離婚判例 不貞行為3


● 生活苦による売春を理由とした夫からの離婚請求が認められた事案

夫が別居中の妻に満足な生活費を渡さず、妻が生活費を稼ぐために売春を
行い、父親不明の子を産んだ事を理由に民法770条1項1号の不貞行為に
該当するとして夫が提訴した離婚請求について、離婚を認容した事案

● 上告審の判断の要旨[最高裁 昭和38年6月4日判決]

自己と長男の生活を支えるため、飲食店等を転々とし、街頭に立って生活費を
補う等のことをしなければならなくなったことは、まことに同上を禁じえない
ものがあり、そのようになったことについては、夫たる上告人に相当の責任が
あることはこれを認めなければならないが、およそ、妻の身分のある者が、収
入をうる為の手段として、夫の意思に反して他の異性と情交関係を持ち、あま
つさえ父親不明の子を分娩するがごときことの許されないのはもちろん、被上
告人(妻)と同様、子供を抱えて生活苦にあえいでいる世の多くの女性が、生活
費をうるためにそれまでのことをすることが通常のことであり、またやむをえ
ないことであるとは、とうてい考えられないのである。
 しからば、事ここに至ったことについては、婚姻関係の維持のため格別の努
力を払ったことも窺われず、ことに被上告人(妻)の前歴を知っている上告人
(夫)としても、その責任は決して軽くないが、他に特段の事情が認められな
い限り、上告人(夫)にもっぱらまたは主としてその責任があるものと断定す
ることは困難である。したがって、右のごとき事情の下においては、上告人(
夫)に対し婚姻の継続を強いることは相当ではなく、婚姻の解消により被上告
人(妻)のこうむる不利益の救済は被上告人(妻)が上告人(夫)に対し財産
分与の請求をすることができるかどうかの問題として、別途考慮すれば足りる
ものと考えられる。

>不貞行為3 ページトップ
                  

     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能