無料メール相談
トップページ>離婚FAQ>財産分与・慰謝料のFAQ⑧


財産分与・慰謝料のFAQ

●財産分与・慰謝料のFAQ ⑧

   離婚による財産分与で、現金の他、土地・建物をもらうこ
   とになりました。この場合税金はかかりますか?

answer

     現金については、分与をする側、受け取る側ともに税金はかかりません。しかし
     、土地・建物については、分与をする側に譲渡所得税がかかる場合があります。
     また、一定の場合に受け取る側には、不動産取得税がかかる場合もあります。
     
     この譲渡所得税は、その不動産の購入金額と、分与時の時価との差額に対して、
     譲渡所得税が課税されます。(譲渡する不動産が居住用の場合、譲渡所得3,000
     万円まで特別控除が受けられます)たとえば、購入価格が3,000万円で、財産分
     与時の時価が4,000万円であった場合、差額の1,000万円が譲渡所得となります
     が、この場合は特別控除以下なので譲渡所得税はかかりません。

     また、財産分与を受け取る側については、その分与財産について贈与税などはか
     かりません。ただし、不動産を取得した場合には、不動産取得税が課税される場
     合があります。これは、その財産分与が精算的財産分与の範囲内であれば免除さ
     れますが、慰謝料を含めて財産分与したような場合には、慰謝料の部分には不動
     産取得税が課税されます。また登記の際に登録免許税が課税されます。

     

                  
     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能