無料メール相談
トップページ>離婚FAQ>子どもに関するFAQ②


子どもに関するFAQ

●子どもに関するFAQ ②

   裁判で親権者や監護者を決める場合に、どのようなことが
   考慮されるのでしょうか?

answer

     親権者を裁判所で決める場合の基準として、最優先されるのが、子どもにとって
     誰が親権者になることが「子の利益」になり「子の福祉」につながるかというこ
     とです。したがって、父・母・子を取り巻く様々な事情を考慮して決定されるこ
     とになります。家庭裁判所における実際の調停・審判手続きにおいて、考慮され
     ている具体的な事項は、
  
     ●父母側の事情
     監護能力(年齢・健康状態・性格など)、精神的・経済的家庭環境(収入・職業・
     住居・生活態度)、住居環境、教育環境、子どもへの愛情、親族の援助など

     ●子どもの事情
     年齢、性別、心身の発育状況、兄弟姉妹との関係、従来の環境への適応状況、環境
     変化への適応性、子ども自身の意向など

     家庭裁判所は上記の事項を考慮した上、母性優先の原則(特に乳幼児の場合)、現
     状尊重の原則、子どもの意思の尊重(15歳以上は子の意思が優先されます)、兄弟
     姉妹の不分離などを踏まえてどちらが親権者・監護者となるのが良いかを判断しま
     す。


    
     


                  
     
      
  行政書士法人 エニシア
  


        札幌市中央区南1条西11丁目1みたか南一ビル2F
        TEL  011-212-1895
        FAX  011-212-1894
        E-mail : info@rikon-sapo.com
        [営業時間] 9:00~20:00 [休業日] 日曜・祝日
        ※ 休業日も予約により相談可能